2010年04月27日

首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は20日の閣議後記者会見で、首都高速道路の新たな料金制度で、電気自動車(EV)などのエコカーを対象にした割引の導入を検討する考えを明らかにした。松沢成文神奈川県知事の提案を踏まえたもので、前原氏は「非常にいい提案で、前向きに検討するよう指示した」と述べた。
 国交省は首都高の料金体系を定額制から、普通車で500円−900円の距離別制に試行的に移行する方針だが、それには首都高会社に出資する自治体の議会の議決が必要。前原氏は「最終的に地元自治体と協議する中で、(新料金の)試行の形態を定めていきたい」と述べ、自治体の意向も考慮しながら、新料金を導入する考えを示した。 

尾久の子育てサロン、木曜開催に 荒川区(産経新聞)
認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ−文科・厚労両省(時事通信)
「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)
<警察庁>犯罪抑止へ官民連携を 都道府県警に通達(毎日新聞)
「日本創新党」応援連合参加の熊谷市長 「地方分権後押し」 千葉(産経新聞)
posted by タヌマ タダアキ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)

 気象庁は22日、5〜7月の3カ月予報を発表した。太平洋高気圧の北への張り出し方が弱いため、北日本では寒気の影響を受けやすく、平年と比べ気温が低くなる地域が多い見込み。東日本から西日本では6月より7月の方が曇りや雨の日が多く、梅雨らしい天候となると予想している。各月の天気は次の通り。

 《5月》北日本から西日本では平年同様、晴れの日が多い。沖縄・奄美ではぐずつく時期がある。

 《6月》北日本から西日本では平年同様、曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《7月》北日本から西日本では平年に比べ曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年同様、晴れの日が多い。

【関連ニュース】
強風:北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
天気:オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く

ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)
<原口総務相>児童ポルノサイトへのアクセス遮断「可能」(毎日新聞)
<障害者自立支援法>「机上の空論作らぬ」定期協議で厚労相(毎日新聞)
「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感(時事通信)
posted by タヌマ タダアキ at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が23日から開始する「事業仕分け第2弾」の全容が17日分かった。仕分け対象は10府省が所管する独立行政法人(独法)48法人の152事業で、独法の整理・統廃合も視野に入れている。20日の行政刷新会議で公表する。科学技術振興機構(JST)など科学技術関係事業が多数対象となり、次世代スーパーコンピューター開発事業費を凍結と判定した「仕分け第1弾」に続き、鳩山内閣の科学技術軽視の志向が改めて浮き彫りになった。

 仕分け対象の選定は、官僚OBの天下り状況や事業執行の効率性、民間への事業移管の可否−などの観点で進めたとされる。

 産経新聞が入手したリストによると、対象は文科省が14法人53事業でもっとも多く、国交省(9法人28事業)▽厚労省(7法人19事業)▽農水省(6法人18事業)▽経産省(5法人9事業)▽外務省(2法人12事業)▽内閣府(2法人6事業)▽総務省(1法人3事業)▽財務省、環境省(いずれも1法人2事業)−と続いた。

 事業別では、科学技術振興機構の新技術創出研究▽日本学術振興会の科学研究費補助金▽理化学研究所の先端的融合研究推進▽宇宙航空研究開発機構の航空科学技術事業−などが対象となった。国立美術館の美術品収集、国立病院機構の「診療」事業なども含まれ、首相が温室効果ガス25%削減を表明したにもかかわらず、日本原子力研究開発機構も対象に入った。

 また、消費者庁の業務との重複を指摘される国民生活センターの「広報」「情報・分析」事業なども対象。将来の民営化を念頭に大学入試センターの「センター試験」や国際交流基金の「日本語能力試験」「日本語研修」も含まれた。

 一方、調整段階で候補に上がっていた54法人のうち、世界初のウナギの完全養殖に成功した水産総合研究センター(農水省)は世論の反発を考慮して外した。酒類総合研究所▽海洋研究開発機構▽国立高等専門学校機構▽年金積立金管理運用▽情報処理推進機構▽駐留軍等労働者労務管理機構−の6法人も対象外となった。

 仕分け作業は23日と26〜28日の計4日間、東京・日本橋の「TKP東京駅日本橋ビジネスセンター」で公開実施する。複数の民間事業者がインターネット中継を行う予定となっている。(仕分け事業の詳細は19日朝刊に掲載予定)

                   ◇

 ■事業仕分け第2弾 主な対象法人と事業

・国民生活センター(内閣府)→広報、情報・分析

・日本万国博覧会記念機構(財務省)→公園事業

・国際交流基金(外務省)→日本語能力試験

・国立美術館(文科省)→美術品収集

・水産大学校(農水省)→水産学理・技術の研究

・国際観光振興機構(国交省)→観光旅客来訪促進

・住宅金融支援機構(国交省)→住宅融資保険

・大学入試センター(文科省)→センター試験の実施

・科学技術振興機構(文科省)→新技術創出研究

・日本学術振興会(文科省)→科学研究費補助金

・理化学研究所(文科省)→先端的融合研究の推進

・宇宙航空研究開発機構(文科省)→航空科学技術事業

・労働政策研究・研修機構(厚労省)→労働政策研究

・国立病院機構(厚労省)→診療事業

・日本貿易振興機構(経産省)→海外事務所、会館等

【関連記事】
仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?
古賀連合会長、長妻厚労相に不快感 職業能力開発の事業仕分けで
「仕分け人のやることではない」 川端文科相、枝野発言に苦言
大学入試センターの民営化検討 枝野行政刷新担当相 
仕分け第二弾 民間仕分け人31人内定 外国人は除外
外国人地方参政権問題に一石

中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行−動向を注視・防衛省(時事通信)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)
民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)
関ジャニ∞の渋谷すばるさん新宿で追突事故(産経新聞)
posted by タヌマ タダアキ at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。