2010年06月07日

日医、原中新体制の披露パーティー(医療介護CBニュース)

 日本医師会(日医)の役員就任披露パーティーが6月1日、東京都内のホテルで開かれた。原中勝征・新会長はあいさつで、「わたしたちはいつでも国民の味方になって、世界に誇る国民皆保険を永久に続けられるような社会に向けて、政府・与党と共に努力していく」などと決意を語った。

【複数の写真が入った記事】


 原中会長は、景気の悪化による税収減に触れた上で、「その中でも、10年ぶりに医療費を上げていただいたことは、決して十分な額ではないが大変ありがたい」と述べた。
 また、医療崩壊を食い止めるには、▽医師数の増加▽医療機関がまともな医療ができること▽医療費、介護費の増額―が必要との考えを強調。さらに、「医療、介護が決して利益の目的のために利用されてはならないという強い決意を持っている」とも述べた。

 来賓としてあいさつした鳩山由紀夫首相は、「命を守る政治には与党も野党もない」とし、「原中会長をはじめ、医師会の先生方と一緒に勉強させていただき、新しい医療のあり方を真剣に必死に学び、それを実施してまいりたい」と述べた。
 また、日医の政治団体である日本医師連盟が、夏の参院選比例代表に民主党からの出馬を表明している医療法人社団永生会の安藤高朗理事長の推薦を決定したことについて、「難しい環境の中で推薦していただいたことに感謝を申し上げたい」と述べた。

 自民党の谷垣禎一総裁は、「去年の8月の選挙で医師の議員が随分少なくなった。どうしても今度の参院選挙でもっと増やしたいと思っている」と述べ、日医連が自民党の西島英利参院議員の「支援」を決定したことに対し「心から御礼を申し上げる」と述べた。

 長妻昭厚生労働相は、新型インフルエンザ対策に触れ、「先進国の中でも日本は死亡率が低く抑えられた。皆様方の大変なご尽力があった」と謝意を表明。
 また、現在検討している「少子高齢社会の日本モデル」の中心にあるのは医療との認識を示した上で、「何としても政権の安定、そして政策の実現に全力で取り組んでいく」と述べた。


【関連記事】
民主中心の政権のうちに理想の医療を実現
「入院基本料を適正な水準に」―永生会・安藤氏
日病が新執行部披露パーティー
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定
“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り

強い経済、外交は日米が基軸…菅氏会見要旨(読売新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
徳之島の3町長「反対する民意変わらない」(読売新聞)
自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)
posted by タヌマ タダアキ at 14:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。