2010年05月13日

御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)

 静岡県御殿場市萩原の空き家の物置で同県伊豆の国市中、職業不詳久松紘子さん(26)の遺体が見つかった死体遺棄事件で、久松さんの前夫(43)が県警の調べに対し、死体を遺棄したことを認める供述をしていることが7日、捜査関係者への取材でわかった。県警は容疑が固まり次第、逮捕する方針。また、久松さんが今年2月、離婚前に夫からの暴力を県に相談していたこともわかった。

 捜査関係者によると、前夫は昨年、久松さんと結婚し、同県清水町のマンションで久松さんの子ども2人とともに暮らしていたが、今年3月に離婚した。

 前夫は今年4月、振り込め詐欺事件の容疑者として逮捕・起訴されている。

 また、清水町によると、同県東部児童相談所(沼津市)から同町へ2月3日、「(久松さんから)『夫のDVから逃げたい』と相談があり、そちらを紹介した」と電話があったという。ところが、久松さんが姿を見せなかったため同町が翌日、同相談所に確認したところ久松さんは「子どもだけでも保護してほしい」とも依頼していたことがわかった。

<NPT会合>81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
<子ども手当>在日外国人への支給、見直し必要…枝野担当相(毎日新聞)
遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)
診療行為別調査を15日から開始―保団連(医療介護CBニュース)
日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)
posted by タヌマ タダアキ at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。